池袋駅周辺もワンルームマンション投資にはおすすめのエリアです。

学生や社会人からの賃貸需要も高く、都内や埼玉方面からのアクセスも良いためワンルームマンション投資をするのには最適。

近年、再開発も活発に進んでおり、ますます賃貸需要が高まると予測されます。

しかし、賃貸需要の高い人気のエリアとはいえ、どんな物件でも収益が上げられるわけではありせん。

投資の成功は不動産会社選びで決まるとも言われているため、池袋の物件情報を熟知している会社は外せません。

ぜひ、この記事を読んで池袋の物件に強い不動産会社を選ぶ目を養うとともに、池袋での投資の注意点を理解しましょう。

 

池袋駅周辺でワンルームマンション投資におすすめの不動産会社3選

池袋駅周辺を拠点としたワンルームマンション投資に強い不動産会社を紹介します。

首都圏の中でもとくにワンルームマンション需要が高く人気。

池袋付近での不動産投資会社を選ぶポイントをお伝えします。

 

株式会社ランドネット

株式会社ランドネット
公式サイト https://landnet.co.jp/
本社所在地 東京都豊島区南池袋1-16-15 ダイヤゲート池袋 7階
設立年 平成11年9月29日
資本金 1億円
売り上げ 301億円(2019年7月連結)

都内の中古ワンルームマンションを中心に展開している投資会社です。

サラリーマンでも出来る投資を目指し比較的リーズナブルな物件を多数揃えております。

毎月80件以上の物件を仕入れ、取り扱い物件のおよそ7割がワンルームマンションとなっています。

また、賃貸管理業務やリフォームも行っているため、購入後もトータルで任せることが出来ます。

 

AZEST株式会社

AZEST株式会社
公式サイト https://www.azest-gr.co.jp/
本社所在地 東京都豊島区東池袋1−35−3 池袋センタービル
設立年 平成18年4月24日
資本金 2億2,120万円(グループ全体)
売り上げ 151億円(2020年3月期)

自社開発物件「AZEST」シリーズを多数保有しオーナー寄り添った長期的かつ安定した資産運用を提供しています。

独自のネットワークと管理システムを用いて入居率99.18%を実現しています。

また、グループ会社のAZEST-RENTが入居募集から契約手続きなどの管理業務を行うので、オーナーの負担は最小限に抑えることが出来ます。

 

株式会社USTRUST

株式会社 USTRUST(アストラスト)
公式サイト http://ustrust.co.jp/
本社所在地 東京都豊島区西池袋1-21-7 池袋西口ビル10階
設立年 平成23年2月
資本金 1億円
売り上げ 40億円 (2017年度)

東京23区の駅から徒歩10分圏内の投資用ワンルーム・1Kのマンション、価格帯1,000万円台から2,000万円台の物件を中心に扱う不動産会社です。

物件の紹介スピードを重視しWebサイトには掲載せず入手したらすぐに投資家に紹介するので、いち早く情報をキャッチすることができます。

ローン返済の見直しや投資物件の売却の提案、確定申告のサポートまでとアフターフォローも万全です。

 

 

池袋駅周辺を拠点とする、ワンルームマンションをメインに取り扱う不動産会社を3社ご紹介しました。

どれも物件の取り扱い数が多く入居率も高いため、ワンルームマンションに力を入れているのがわかります。

 

次は、池袋駅の特徴と投資の注意点を解説します。

読むことで池袋エリアの特性と投資のポイントがより深く理解できます。

 

池袋駅周辺でワンルームマンション投資をする注意点

池袋駅周辺でワンルームマンション投資をする際の注意点は2つあります。

『良質な物件の情報をいち早くキャッチすること』
『場合によっては投資エリアを柔軟に広げること』

池袋駅はJR東日本・東武鉄道・西武鉄道・東京メトロの4社計9路線が乗り入れるターミナル駅です。

JR東日本は新宿駅に次ぐ第2位、東武・西武・東京メトロは第1位の乗客数を誇り、埼玉方面からの利用客が多いのも特徴です。

エリアは池袋駅を中心とし大きく東西に分けることが出来ます。

東側は高層ビルの多いオフィス街から観光・店舗の多い商業エリアとなり、西側は東京芸術劇場や官公機関文化街など芸術的な空気が流れる文化街です。

賃貸需要はとても高く人気のエリアですが、新宿や渋谷に比べ相場は割安。

不動産仲介大手のHOME’Sによると、ワンルームの相場は8.43万円、1Kで9.06万円、1DKで11.87円となり、再開発による人気の高まりもありワンルームマンション投資の競争率が激しくなってきています。

そのため、良い条件の物件が手に入りづらい傾向にあります。

投資を成功させるためには、いち早く良い物件の情報をキャッチする必要があります。

そのためには、優先的に情報を仕入れることが出来たり未公開物件の情報を手に入れるなど、不動産会社との信頼関係を築く必要があります。

場合によっては東池袋駅や大塚駅、目白駅付近までエリアを広げることも検討した方が良いでしょう。

ワンルームマンション投資は、不動産会社選びと物件の選定によって成功率が大きく変化します。

ワンルーム投資マンションのメリット&デメリットについては、こちらの記事で宅建士監修のもと詳しく解説しています。

 

[getpost id=”351″ target=”_blank”]

池袋駅周辺でのワンルームマンション投資ならこの地域の情報提供が早い不動産会社を選ぼう


池袋駅でワンルーム投資をする場合、不動産投資会社選びがカギとなります。

賃貸需要の高まりとともに池袋駅近辺はワンルーム投資の競争が激しくなってきています。
「豊富な物件情報を保有していること」や「いち早く情報を提供してくれること」など、いかに良い情報を早く入手できるかが重要となります。

長いお付き合いとなる不動産会社です。信頼関係が築けるような不動産会社を見つけ、投資の成功の確率を少しでも上げられるようにしましょう。

ファイナンシャルアカデミーの不動産投資セミナーでは不動産投資の知識を基礎から体系的に身につけることが出来ます。

投資会社の選び方から物件選びのポイント、リスク回避の方法まで学べますので、ぜひ一度検討してみてはいかがでしょうか。

 

[getpost id=”346″ target=”_blank”]

 

error: Content is protected !!